リクナビ薬剤師からの連絡がしつこい?簡単にできる解約方法

リクナビ薬剤師の解約方法

リクナビ薬剤師に登録してみたけど良い求人が見つからなかった、リクナビからのメールが多く困っているなどの悩みをお持ちの方へ。

リクナビ薬剤師のサイトから簡単に登録を解約する方法お教えします。

解約方法がわからない、メール配信をやめたいと思っている方必見!

登録解約によって起こることなどを詳しく説明いたします。

リクナビ薬剤師のサイトを解約したいと思っている方へ

リクナビ薬剤師のサイトに登録して転職や就職、派遣をしようと思って検索したけれど良い仕事場がなかったので解約したい。

リクナビからのメール配信が多くメールの容量を多く使うので解約したい。

他のサイトで良い求人が見つかったのでもうリクナビを利用することがなくなった。

など、多くの何らかの理由でリクナビ薬剤師のサイトを解約したいと考えている方はいらっしゃると思います。

そんな解約したいと考えている方たちのために、簡単にリクナビ薬剤師を解約する方法をお教えします。

これさえ読んでおけば、リクナビ薬剤師のサイトの解約方法が分からないといった方でも安心して簡単に解約することが可能となります。

リクナビ薬剤師の解約方法

それでは早速リクナビ薬剤師の解約方法についてその方法を説明していきます。

まずその方法は2つに分類されます。

それはリクナビ薬剤師のコンサルタントへのメールか直接リクナビ薬剤師に電話する方法です。

この2つの方法について1つずつ説明していきたいと思います。

コンサルタントへのメール

ではコンサルタントへのメールの方法ですが、info@recruit-mc.co.jpの宛先に解約したい旨のメールをお送りすれば解約することができます。

比較的簡単にメール1つで解約できるのでおすすめです。

この方法は特に電話して人と話すのが苦手に感じている方におすすめといえるでしょう。

だけれどもここで注意する点があります。

というのもメールでの解約だと他の大勢の方もメールでの解約を行っている場合、その解約時間にタイムラグが発生する場合があるということです。

だから、自分の中では解約したと思っていても少しの間だけまだリクナビ薬剤師に登録されているという現象が起こる可能性があります。

この点から、すぐに解約したいと思っている方は電話での解約がおすすめです。

また、実はリクナビに送ったと思っていたメールが実は違うアドレスに送っていたという場合もあります。

この場合もまた実際は解約できていないという現象が起きうるので、しっかりとメールアドレスを確認することが重要になります。

さらにもう一つ問題となる場合があります。

それは、リクナビ薬剤師から電話がかかってくる場合があるというケースです。

というのもリクナビ側としては単に解約の旨が書かれたメールが届いても。なぜ解約してしまうのかなど考えるからです。

だから解約の意をメールで伝える場合、なぜ解約するのかなどの理由をしっかりと記入する必要があります。

そうすることでリクナビ側にも誠意と気持ちがしっかりと伝わるため電話がくることはないと思います。

電話と違ってやや無機質なメールでの解約だからこそお互い気持ちよくお別れができるようなメールを考えましょう。

電話での解約

次に、電話での解約方法を説明します。

こちらはフリーダイヤル0120-953-616の番号に電話をかけて解約の旨を直接リクナビ側に伝えていく方法になります。

電話の解約のメリットとしては、基本的にメールの解約のデメリットがメリットとなります。

すぐにその場で解約できる、というのがまず大きなメリットとなります。

また電話は気持ちが伝わりやすいためリクナビ側も解約について納得がいきやすいと思います。

そのためこちらは電話をするのが苦ではない、すぐに解約したいと思っている方におすすめであるといえます。

ですがやはりこちらもデメリットがあり、まずフリーダイヤルで繋がらない時間帯があるということです。

リクナビの受付時間は平日9:30~21:00までとなっており、この時間外では電話対応は行っていないです。

この時間帯は別の場所で働いている方や、土日祝日しか時間が取れない方などは解約できないこととなります。

またこの時間帯の中で電話ができる方なども時間帯によっては注意です。

例えば昼食時に電話をかけたとすれば、その時間帯は時間を作れる人が多くそういった方が同様に電話をかけている恐れがあるので、電話回線が渋滞する場合があります。

もしそうなったら電話を待つことになりますので、電話待ちしたくない方は時間帯を選ぶ必要があります。

また、電話したものの解約の意思が弱かったりしたらなだめられて解約できずに終わってしまった、という場合もありますので、メールと同様自分の気持ちをはっきりと言いましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。

リクナビの解約方法について2つの方法を説明してきましたが、メリットデメリット、また自分に合った方法で解約するようにしましょう。

解約してからも再び登録することは可能ですが、実行する前に今一度自分の気持ちを整理してから行動に移すようにしましょう。

そうすることで自分にとってもリクナビ側にとっても納得がいくからです。

最後までお読みいただきありがとうございました。