休日出勤は多いの?薬剤師の労働事情を紹介!

薬剤師_休日出勤

「薬剤師って、一日どれくらい働くにかな?」「土日も出勤する必要があるのかな・・・。」

など、働くうえで労働時間はとても気になるポイントですよね。

それに、医療従事者はただでさえ労働時間が長いというイメージを持たれがちです。

薬剤師の労動時間は実際どうなっているのでしょうか。

ここでは、薬剤師の代表的な職場である調剤薬局、ドラッグストア、病院での薬剤師の労働時間、休日出勤はあるのかについてご紹介します!

薬剤師の勤務時間は制限されているの?

薬剤師の労働時間については、管理薬剤師のみ、薬事法によって定められています。

つまり、管理薬剤師でない一般の薬剤師については、労働時間を定められておらず、残業時間についての規定もありません

ただし、他の職業同様労働基準法では勤務時間について1日8時間週40時間と定められています。

管理薬剤師は勤務時間を週40時間と規定されています。

しかし、この40時間というのはあくまで薬事に従事している時間を指しており、その他の業務、例えば接待や資料作成、電話対応などの時間は含まれていません。

したがって、週40時間以上働くことも可能です。

残業代については、しっかりと払っている病院や薬局がほとんどなのでそこまで不安にならなくても大丈夫です。

調剤薬局で働く場合

調剤薬局の勤務時間

調剤薬局でも、総合職や一般職ではフレックス制度を取り入れている企業も多いです。

しかし、薬剤師には、フレックスはほとんどありません!

薬局の営業時間によって早番や遅番など、交代制を取り入れているところもありますが、基本は10:00~18:00勤務の場合が多いです。

毎月、薬局の店舗責任者を中心にシフト作成が行われ、そのシフトに合わせて働くというイメージです。

休日出勤や残業について

最近では、調剤薬局機能だけでなく、それ以外の機能を持つ企業が増えているため、調剤薬局の薬剤師の休日は土日祝とは限らなくなっています。

しかし、休日出勤はそこまで多いわけではなく、月に一回あるかないかくらいです。

よほどのことがない限りは、公休日当日に出勤要請が来ることもありません。

また、調剤薬局で働く薬剤師の残業時間は月に約20時間程度となっています。

残業の理由としては店舗業務が忙しいからというより、人材育成や売上報告書の作成といった別の業務を行うためであることがほとんどです。

ちなみに、門前薬局や個人薬局の場合、シフト制や休日出勤はほぼありません。土日を休みにしたいのであれば、門前薬局か個人薬局で働くといいでしょう。

休日出勤なしのおすすめ求人を探すならマイナビ薬剤師がおすすめです!

病院で働く場合

病院薬剤師の勤務時間

病院で働く薬剤師は基本的にシフト制で働いており、コアタイムを適用しているところはありません。

看護師や医師は勤務が不規則になりがちですが、薬剤師は直接治療の現場に関わる機会が少ないので、フレキシブルに働ける勤務体制が作られていないことが原因となります。

それ以外にも、病院が営業している時間以外の部分でも多くの仕事があるのに、フレックス制度を取り入れて自由度の高い勤務体制にしてしまうと、人が余ったり、足りなかったりする時間が出てきてしまいます。

このこともフレックス制を薬剤師に導入しない理由のひとつでしょう。

休日出勤や残業について

休日出勤については多いわけでは無く、責任感の強い方や仕事が出来る方に対して頼むことが多いそうです。

そのため、個人的な負担が重いと感じる方も。

病院薬剤師の残業時間は月に約30時間程度と、薬局より多くなっています。

病院は外来の他に、入院している患者の調剤も行うため業務が多く、その上、学会やカルテ整理、院内研修会の準備など、行う業務が幅広くなっています。

ドラッグストアで働く場合

ドラッグストアの勤務時間

ドラッグストアで働く薬剤師は、基本的に店舗配属な場合が多いため、フレックス制を採用しているところはほとんどありません。

早番、中番、遅番のような働き方をしていることが多いです。

勤務が多い時間帯としては10:00~19:00で、この時間に薬剤師が1,2名常駐して働いています。

休日出勤や残業時間について

ドラッグストアで働く薬剤師の休日出勤状況は店長の手腕によるところが大きいです。

最近、ドラッグストアはディスカウントストアの要素が強くなってきているため、量販店並みのセールを行ったり、外国人観光客が大量購入したりと薬剤師であってもレジや品出しに駆り出されることが多いです。

自社がセールの時はもちろん、観光シーズンや海外の大型連休も考慮して人を配属する必要があるため、ひどいときは月に2.3回休日出勤を行うこともあります。

また、残業は平日週末ともに多く、仕事も薬剤師の通常業務以外も行わなければなりません。

もっとドラッグストアの転職を知りたい人はここをクリック!

おわりに

以上、薬剤師の労働時間について紹介しました!

薬剤師は働く場所にもよりますが、医療従事職の中では比較的残業や休日出勤が少ない職業です。

しっかりと自分に合った職場を選択しましょう!