薬剤師が管理職に転職するために必要な能力・人柄とは

「キャリアアップして管理職になりたいな」

このように考えている薬剤師のみなさん。この記事では管理職になるために身につけておくべき能力・人柄について詳しく解説していきます。

管理職の薬剤師は処方箋の処理だけでなく、後輩を育てる職場の雰囲気づくりなども担っていかなければならないため、能力面だけでなく人柄も重要になってきます。

管理職の薬剤師に求められる能力人柄について知ったうえで転職活動をおこなうようにしましょう。

一般の薬剤師と管理職の仕事の違い

管理職の薬剤師に必要とされる能力・人柄について説明する前に、一般の薬剤師と異なり管理職の薬剤師がおこなう仕事を説明します。これをまとめたのが以下の表です。

・在庫管理
・シフト作成
・医薬品の価格交渉
・後輩の教育
・ジェネリック薬品といった最新の医薬品についての知識

管理職に求められる能力

まずは管理職に求められる能力について2つ解説していきます。

管理職は、薬局の経営を管理するという立場になるので、普通の薬剤師では求められなかった能力も必要になってきます。

では詳しくみていきましょう!

①資格の取得

管理職として薬局・ドラッグストアで働きたい方は、研修認定薬剤師の資格を取得するようにしましょう。この資格を取得すると、かかりつけ薬剤師指導料の算定をおこなうことができるため、薬局の収益上の課題について発見できるようになります。

また、実務実習指導薬剤師の資格も取得しておくと薬学部の実習生を受け入れることができるため、薬局の未来づくりに貢献することができます。

取っておきたい資格
・研修認定薬剤師
・実務実習指導薬剤師

②コミュニケーション能力

管理職になると、薬局のスタッフ・患者さんだけでなく医師・医薬品卸の担当者などさまざまな人と接していかなければなりません。

とりわけ医薬品卸の担当者とは、薬剤の仕入れについての交渉といった薬局の利益と関わる交渉をおこなわなければなりません。担当者と良い人間関係を築くことが出来ればお得に販売してもらえることもあるので、コミュニケーションの能力は非常に大切です。

管理職に求められる人柄

ここからは管理職として働くうえで必要とされる人柄について3つ紹介していきます。薬剤師の管理職は、スタッフだけでなく門前の医師などもマネジメントしていかなければならないため、これから紹介する能力があるかはとても重要になってきます。

①責任感が強い人

管理職になると、スタッフが足りていないときに自らが穴埋めしなければならないことが多々あります。

とくに、子育てをしながら働いているスタッフが多い職場では夜間に人手が減るため、夜間の勤務を積極的におこなわなければなりません。このように自らを犠牲にして薬局のために働くという強い責任感が必要です。

また調剤においてミスが発生した場合、責任者として対応しなければなりません。自分が仕事をこなすだけでなく、他の人の仕事に対しても責任を取らなければならないため、強い当事者意識が求められます。

②向上心が強い人

管理職の薬剤師になると、医薬品の知識だけでなく値段交渉のスキル後輩育成のスキルなどさまざまなスキルが求められます。

このようなスキルは誰かが教えてくれるのを待っているのでなく、自ら積極的に学んでいける人でないと身につけることができません。

また、近年では医療の進歩が著しいため、後輩に聞かれたときにわかりやすく教えられるように常に情報をアップデートしていかなければなりません。

このように管理職では、さまざまなスキルや知識を自ら学んでいく必要があります。

③細かいことをきちんとできる人

管理職はスタッフや医薬品を管理していかなければなりません。具体的にはスタッフのシフト管理薬局の帳簿管理や許可申請があります。

スタッフのシフト管理の場合、きちんと管理ができないと人手不足の状態で薬局を経営することになります。人手不足の薬局は長時間お客様を待たせることになり、お客様からの満足度が下がって結果的には薬局の収益低下につながってしまいます。

また帳簿管理の場合は薬局の収益と関わってくるので1円でもずれが許されません。

このように薬局をしっかりと経営していくためには、細かいことの管理をしっかりとおこなっていく必要があります。

管理職に求められる能力・人柄を知ったうえで転職しよう

この記事では管理職の薬剤師になるための能力人柄について紹介してきましたがいかがでしたか。

管理職では、調剤に関する仕事だけでなく複数のスタッフ・事業関係者の利害関係を調整しマネジメントしていかなければならないためコミュニケーション能力が必要となります。くわえて薬局の経営・後輩の育成のための資格も取っておかなければなりません。

また人柄としては、薬局の経営を任されているという強い責任感をもち、細かいことでも気を抜かずおこなう真面目さが求められます。

くわえて、他のスタッフより最新の知識を学び、さまざまなスキルを自ら身につけていくなど向上心も必要不可欠です。

ここで紹介した能力・人柄があれば、転職先での面接で大きなアピールポイントになります。これらの能力・人柄について理解したうえで、転職活動をおこなうようにしてください。

管理薬剤師に転職したい人のためのメリット・デメリットを解説!